Do what you wish.

programmingのことだったり頭の整理だったり。

「パーフェクトRuby」の感想

はじめに

Ruby の知識が自分の中でまだ体系的になっていないと感じたので、改めて再入門のつもりで、パーフェクトRuby を読んでみました。

パーフェクトRuby (PERFECT SERIES 6)

パーフェクトRuby (PERFECT SERIES 6)

この本を選んだのは、おすすめが多かったのと、実際に gemパッケージや Webアプリケーションを実際に作ってみる章があったからです。 ちなみに kindle 版を買いました。

自分のスペックとしては、普段使っている言語は C++C#Rubyは解析だったり文字列加工に使うくらいでした。

感想

だいぶ Ruby のことは知っていたつもりだったけれど、改めて読むと結構知らないことがちらほらと…。
それ以外にもRubyの文法や標準ライブラリだけでなく、ツール類も網羅的に学べたのがよかったですね。

そしてやっぱり実践プログラミングの章が楽しかったです。
実際に 書きながら読み進めていきました。
gem のパッケージとしてコンソールアプリケーションを作成して、それをバージョンアップさせて sinatra を使いWebアプリケーションの機能を拡張するという流れで、手法をフォローアップできたのがよかった。

ちなみに kindle 版だと Mac で見ながらコードが書くことができるで、とても写経が捗りました。

github.com

実際に動くコード書きながら覚えるのがやっぱり一番楽しいですね!

さいごに

すでにいくつかの言語を知っている方や、簡単なRubyの入門書を触った方によい印象でした。

Rubyは触ったことあるけど、RubyでコンソールアプリケーションやWebアプリケーション作ったことないという僕のような方にもとてもおすすめです。

メタプログラムについてはもう少し詳細を知りたいと思ったので、次はメタプログラミングRuby でも買おうかな。